2020/12/28

今年最後のカイムのマイブーム


11歳のパーソンカメレオンのカイム2020_12_27


一般的にカメレオンは動く生き物を見つけると、捕食します。食べ物が狙いにくい位置にいるときは上半身の角度を調節したり、獲物に近づいたりします。

しかしカイムの場合、なぜかヤモリなどのように待ち伏せ型のハンティングで、ごはん(コオロギ)が決まった位置にくるまで、なぜか辛抱強く待っています。そのカイムが反応する「決まった位置」はたまに大幅に変更されるので、そのたびに2足歩行の哺乳類(私)は新しい位置がどこになったのか探し出すために、コオロギをあちこちに差し出して試してみなければなりません。

それはカイムがケージの左側にいるとき限定だったり、右側にいるとき限定だったり、さらに差し出す位置が前方やや斜め下だったり、前方かなり下だったり、やや斜め下で横に近かったりしました。しかし今回のマイブームはケージの右側にいるとき限定で、カイムのカメレオン生初のケージの右奥一番上の、それも角のところとなりました。この場所を探し出すのに30分以上かかっちゃったよ~

それでは、皆様どうぞよいお年をお迎えください。


↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログへ

2020/12/17

ZOOMデビュー


ヴィーナスフォート


画像は以前ヴィーナスフォートで撮影したものです。改装されて今では見られないと思いますが、12月に似合う感じなので載せてみました。
だいぶ間が空いてしまいましたが、実はここしばらく関節痛で家ではなるべく休んでいるようにしています。冬は屋外と屋内の温度差も地味に堪えるので、回復にはまだしばらくかかりそうです。

調子が悪くなる前の今月上旬、趣味の講座を受けるためにZOOMデビューしました。月一回90分の講座の内容はとても充実しており次回がとても楽しみなのですが、ZOOMの画面には参加者である自分の姿も映るのでとても緊張しました~。

事前にカメラとZOOMそれぞれの設定画面で色や明るさなどの設定をしたのですが、いざ入室してみるとなぜか設定したものと異なる映りで、焦りながらなるべくそーっとマウスを動かして再度調節。それでも室内天井照明だけではなんだか暗くて写りが悪く、どうがんばっても昔の証明書写真のような「犯罪者?」みたいな感じになるうえ、色味もなんとなくゾンビ風の色合いから幽霊みたいな色合いを彷徨うばかりでなかなか生身の人間風にならず…。しかも画面の左上に表示されている自分の姿を見て調整している間、画面の中央から外れている目線がものすごく横眼になって映っている。 

これだけで内心かなりダメージを受けたのに、途中の質問タイムで画面上部で手を挙げた人をつい見てしまい、またコメディ映画かというくらいの横目になってしまった…。

ZOOMには自分の姿をプロフィール画面に切り替える機能や、自分がまったく映らないようにする機能もあるのですが、対面に近い雰囲気にするため、基本的にそれらの機能を使用しないことが望まれているので、自分が慣れていくしかないですね。
とはいえ、かなりレアな私の趣味でも、昔なら考えられなかった受講できる機会に恵まれて本当に嬉しいです。


↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログへ

2020/12/02

カメレオンガチャとカマキリガチャ


今年5月に友人と行くはずだった東京レプタイルズワールドが新型コロナの影響で中止になってしまったのですが、東レプといえば年2回、11月28・29日の方は開催されたので、友人と行ってきました。
前回行ったのはいつだったか覚えていないくらい前でしたが、その頃と違ってアクセサリーやTシャツなどのショップが増えていました。また、カメレオン専門ショップ以外にもカメレオンを販売しているショップがそこそこあり、眺めるだけでも楽しく過ごせました。


さて、生体をお迎えする予定のなかった私にとって、会場のカメレオンや生き物たちを眺めること、友人とお喋りすること、そして今回はもう一つミッションがありました。それはカメレオンとカマキリのガチャをゲットすること
カメレオンは6種類、カマキリは5種類あり、どちらも欲しいのは1種類だけ。手に入るまでに何回かかるかと思うと少し不安でしたが(500円ガチャの並んでいる所で、若いお父さんが幼い子供とお母さんに3回やったら食事できるじゃないかと言っていました)、運よく両方とも1回でゲットできました


カマキリガチャとカメレオンガチャ

昆虫新聞

このジャクソンカメレオンはかわいいな~と思っていたのですが、ふだん私が通る場所にあるガチャでは見かけないので、この機会を待っていました。


カマキリガチャ1

そして私の好きなカマキリ。これは緑色型の腹部通常版です。オオカマキリの2倍の大きさで、とても精巧にできており、なんと27か所可動です。せっかくなので、いろいろ動かしてみました。
威嚇するときは緑色の羽を上に向けますが、飛ぶときには横に開きます。でも、それだとやや地味な感じになってしまうので、ここでは敢えて現実を無視して派手にポーズをつけてみました。


カマキリガチャ2

カマキリガチャ3

ここからは実際に見かけるようなポーズ。上の2枚は威嚇です。触角は指で癖をつけることができるらしいのですが、昆虫新聞には書いてなかったので、いじるととれてしまいそうな気がして、触わりませんでした。交差してしまっているのを直せばよかった…。


カマキリガチャ5

カマキリガチャ6

カマキリガチャ7

床に置くと足が開いていってしまって自立しにくいので、腹部の下に見えているコネクトパーツで支えるのですが、足の動きが制限されるのが少し残念です。それと、腹部や羽を整えていると足がポロっと外れたり、足に動きをつけていると腹部や胸の位置がゆがんだり、細い関節可動部が外れたりと、不慣れな者にはやや扱いづらい面がありますが、ラブリーなので許しちゃいます。


↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログへ