2020/08/24

胸騒ぎ


ババガンプ東京

昔、豊洲で撮った写真

土曜日から遡ること数日前の夜、私はなぜか突然激しい不安感を覚えました。思い当たるような原因はなかったので、夏バテのせいか、何か過敏になっているのだろうと思い、私は心の中でこの不安感を打ち消しました。 ところが、何度否定しても打ち消しても気分転換をしても、気が付くとまた不安でたまらなくなっているのでした。

そんな状態がずっと続いて、訳の分からない不安感にすっかり飲み込まれかけて迎えた土曜日のことでした。
ベッドで休んでいると、何か物音が聞こえました。いつもだったら念のためにみんなの様子を確認するのですが、このときはバテていたのと小さな音ですぐに止んだので、そのまま横になっていました。するとまた物音が聞こえました。
そこでみんなの様子を確認しに行くと、なんとカイムの頭がケージの左側のメッシュにはまり込んでいて、もがいていました。
今から7年前にもカイムは同じ事故を起こしたことがあり、その記事はこちら。写真を撮る余裕はなかったので、お手数ですが、見ていただけると有難いです。

このとき、再発防止対策としてケージの外側に、いつも写真に写っているプラダンやメッシュを張りました。しかし引っ越しして数年経った時、ケージの左側面に観葉植物用に取り付けていた紫外線灯がいつの間にか壁側に倒れてしまい、位置を直したときにピッタリ張り付けていたメッシュがたわんで、メッシュとケージの間に隙間ができてしまいました。
それでもケージの中から見たとき、この細かいメッシュが目に入るので抑止力になるだろうと思い、壁とケージの間の作業しにくい位置にできたたわみを、私はそのままにしていました。実際、一昨日までの数年間は何事も起きませんでした。

カイムの姿を見たとき、私は大変なショックを受けると共に、またケージを外さないと助けられないのではないかと思ってヒヤヒヤしましたが、発見が早かったため頭が大きくなっておらず、頭を押して戻すときも抵抗しないでくれたので、わりとすぐに助けることができました。

その後、ドキドキしながらこまめにカイムの様子を確認しましたが、すぐにいつも通りになり、昨日はご飯も食べました。考えてみると樹上生活の生き物は、行く手に葉があってもいちいち避けたりしないで進むわけで、「外側のメッシュを見れば通り抜けられないと思うだろう」なんていうのは人間の考えに過ぎないのですね。カイムを危ない目に遭わせてしまったことを、深く反省しています(:_;)

不思議なことに、カイムがケガをしたり弱ったりしていないと確信した後、あれほど激しかった不安感がすっかり消えているのに気がつきました。


↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログへ

2020/08/18

カイムの様子


10歳のパーソンカメレオンのカイム2020_8_17

酷暑日・災害級とも言われる暑さが続いてすっかり夏バテしてしまい、今回は短めの更新です。

カイムは昨年の連日の酷暑のときほどの体色にはまだならずに済んでいます。
ごはんは8日ほど食べていませんが、歳をとってきてからは冬期10日以上食べないことも珍しくはなく(今までも書いてきましたが体調が悪いのではなく、代謝の都合のようです)、また、ケージ内を少しは歩いているので、食事に関しては様子見中です。食欲が落ちている(真夏も毎年食欲が落ちます)ので痩せてはいますが、まだまだ危機感を煽られるほどではありません。このまま暑さの峠を越えられたらと願っています。
画像はUターンしたところを撮影したので、ボディに皺がよっています。

まだまだ暑い日が続くようなので、油断せず、引き続きカイムの様子に気を付けていきたいと思います。


↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログへ

2020/08/01

猛暑・酷暑が気になるシーズンになりました

10歳のパーソンカメレオンのカイム2020_8_1

曇りや大雨の日々が長く続いてきましたが、梅雨も明けて、猛暑日・酷暑日がどれくらい続くのかが気がかりなシーズンに入りました。

ハーマイオニーは真夏前の活発に動きよく食べる例年見られる状態が続いていますが、カイムは6月6日の記事に書いた状態が続いたまま、35度の日も多々あるであろう時期を迎えることになりました。

うちの場合、フルアダルトになってから真夏はカイムもハーマイオニーも不活発になり食欲が落ちて食べない日も続いたりします。その前によく食べなかったカイムは体力を温存できない可能性もあると予想し、必要なら流動食代わりに食べさせてあげるために、以前もあげていたカメレオンも食べられるレパシースーパーフードのクレステッドゲッコー用を購入しました。

昆虫の粉の入ったグラブパイとどちらにしようか迷いましたが、グラブパイが発売になってしばらくしてから2人に食べさせたところ、しばらくは食べたのですが、カイムは太目になってきたと思ったら自主的に拒否、ハーマイオニーにとってはゼリー状のものは食べにくいのでストレスになったのか、太る前に拒否するようになりました。
グラブパイの方がカイムにとってはよりヘビーなようなので、食欲も体力も落ちているときには軽い方をあげた方が良いだろうと判断しました。
流動食の出番が無いといいなあと願っています。


↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログへ