2018/09/27

新しい加湿器


パーソンカメレオンのカイム


一昨日の夜、カイム用の加湿器の本体の内側を掃除したところ、故障してしまいました。
廉価の超音波式加湿器によくある構造ではないかと思いますが、水受け部分のすぐ側に水がかかると故障する部分があり、二足歩行の哺乳類のような大雑把な人間には掃除し辛いというか、水がかからずに済んだつもりだったのですが、スイッチを入れたら点滅してミストが出ず、スイッチを切るとなぜかミスト無しで作動音が続くという状態に…

これまで掃除の後でミストが出なくなっても、一晩くらい放置すると乾いてまた正常に動作することが何回かあったのですが、今回は昨日の夜になっても復活しませんでした。エアコンを強風にしてサーキュレーターも強でかけなければならなかった今年の異常に暑い夏の最中の故障(壊したとも言う)ではなく、毎日のように土砂降りの雨が続いている今で良かったと思いながら、AMAZONで同じような価格帯の、違うメーカーの加湿器を選んで注文しました。
するとなんと、プライム会員でもないのに(お試しの期間が終了したばかり)、今日届いてビックリしました。送料無料の商品でしたが、ひょっとして価格の中に翌日配達の宅急便代が含まれている?
原価はかなり安そうなので、そうなのかもしれませんね~。AMAZONのレビューを見てみると、似たような価格帯のアジア製の超音波式加湿器メーカーが、サービスの良さで他社と差を付けようと競争しているような雰囲気があり、その一環ではないかと思いますが、やはり何日も待たされるよりありがたいですね。

新しい加湿器は原理的には同じに見えますが、水が入ると故障する部分が本体の水受け部分よりかなり高い位置になっているので、今度は水受け部分を洗っても、水が跳ねずに済みそうな感じです。

コンセントを抜いたまま、カイムのケージの中に放置していた加湿器と届いた新しい加湿器を交換しようとカイムの所に行くと、なぜかカイムが故障した加湿器の本体と同じ高さの下段の止まり木にいて、加湿器に顔を近づけてじっとしていました。後方からカイムの姿を見る位置だったので、胴体に遮られて、加湿器の方に向けられたカイムの顔の目がどこを見ているのかまでは分かりませんでしたが、まるで「あれ~、なんで白いの(ミスト)出ないんだろうな~?」と思って加湿器をしげしげと眺めているようで、面白かったです。

さんざん書いておいて、そんなカイムの姿(一応撮影したのですが、パソコンに移すのが面倒くさい…)も新しい加湿器の画像も無く、少し前の日光浴のときの画像です

↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログへ