2017/02/15

日光浴にも気を遣う


スマホからパーソンカメレオンのカイム


2月は持病のある二足歩行の哺乳類にとって一年で一番体調が悪くなる季節ですが、天気と気温と風と曜日の条件が折り合えば、ふつうに起きて座っていられないレベルの場合以外は日光浴を行います。その当日に記事を書ければベストなのですが、たいていは数日かそれ以上経って記事を書く気力が戻ってからの更新になってしまいます。

今の時期は窓辺もベランダも日当たりが良くないので、今回は隣接している空き地でカイムとハーマイオニーに日光浴してもらいました(近所に公園もありますが、高い木ばかりで、うっかりすると上り過ぎて届かなくなりそうで怖いので、二足歩行の哺乳類的には日光浴場所から除外です)。

空き地の境界の青いフェンスがかなり斜めに写っていますが、撮影したときスマホが傾いていたわけではなく傾斜地のためです。この地域全体がかなり傾斜していて、隣の駅名は「〇〇坂上」なのです。
傾斜地に土台を平らにして普通に90度直立した家を建てても、人間のバランス感覚は全身で「傾いてるよ~」と言い続けるので、「こんな所に一生住むもんじゃないな」と感じますが、『東京都内』にマイホームをとなると、そんなことを言ってはいられないのでしょうか、分譲マンションや一戸建てがひしめきあっています。

そんな地域にポツンと忘れ去られたように何年も残っている空き地。
フェンスの無い側から普通に入っていけるので、日当たりの枯れ木にカイムをとまらせていたら、枯れ木に近い坂の一番下にある一戸建ての窓辺の網戸越しに人影が…。
この空き地の何処で日光浴をさせても周りの一戸建ての住人からは不審者に見られそうなのが心配で、今までほとんど利用したことが無かったのですが、この一戸建ての奥様らしき女性がこちらを見上げていたので、すぐに「すみません、怪しい者ではありません。どうしても日光浴をしたかったもので…。」と声をかけると、カイムの方を見ながら「いいですよ~。……、カメレオン?ですか?」
「そうなんです。このところ天気が悪かったり寒かったりで日光浴ができなかったもので。本当にすみません。」
「大丈夫ですよ。最初は大きいカエルかと思った。いえね、窓辺にいた猫が慌てて飛び降りたのでどうしたのかと思って。日光浴ができないとビタミンDがね…、分かりますよ。」
快く了承していただけて、助かりました。奥様ありがとう~。

というわけで、次はいつ日光浴できるか分からない冬(暦の上では春ですが)、カイムとハーマイオニーにお日様をゆっくり満喫してもらいました。

↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログへ

2017/02/01

今日も元気だごはんがうまい


パーソンカメレオンのカイム


 …と、ごはんを口の中に入れたまま、目が座っている状態のカイム。体を少しカーブさせているので、ボディに縦皺がよっています。


朝はどうしても忙しいので、ときどき時短のために、カイムがごはんを自分で食べているとき、まだ食器の中に残っている分を生き締めにして口に入れてあげて、手早く食事を済ませてもらわないとならない場合があります。
そんなとき、カイムはチラッとこちらを見て、ごはん(コオロギ)をつまんでいる私の指を噛まないようにかなり気を付けて、ごはんだけをカプッと食べてくれます。

私が毎日お世話しているコオロギに目を据えて…というか目がすっかりお留守になって、しばし味わうカメレオン。そのまま10分くらいじーっと味わわれると、その後どうしても時短になってしまうのですけれどね。

そしてカメレオンから気を遣ってもらう私。犬とかなら分かるけれど、相手が爬虫類だとけっこう想定外ですよね。

些細なことなのかもしれませんが、考えてみるとなんだか不思議なような、カイムと私のお互いちょっと幸せな気分になれる時短タイム(笑)

↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログへ