2014/08/29

夏ももう終わり


パーソンカメレオンのカイム


地獄のような猛暑も終わり、暑くて動く気がしない夏から、涼しくなってなんとなくだるくて動きたくない季節の変わり目になってきました。
ふと気づけば、あと1ヶ月ちょっとでカイムとの暮らしも4年になります。
生後約1年で迎えましたから、もう5歳になるんですね。

カイムはよく動き、相変わらず元気に過ごしています。
アクシデントも事故もなく、このまま順調にいってほしいなあと思います。

↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログへ

2014/08/15

愛しき君へ


パーソンカメレオンのカイム


パーソンカメレオンはあまり動かない種類なのだと二足歩行の哺乳類は考えていた。
それは一昔前、ショップの店頭で立ち上げ中の野生のパーソンカメレオンを見てきたからだった。
しかし当時は現地でのストック状況や輸入時に大変問題があり、「店頭で緩慢な死へと向かいつつあるパーソンカメレオン」といった方が正しかったようだ。
また、今と違って店内に放し飼いにするとか、広いケージを割り当てることも無かったので、こうした事情からあまり動かなかったのではなく、彼らは動けなかったのだ。

冬以外、パーソンカメレオンはかなりよく動き回る。
個体によって違うと思われるが、カイムの場合は動かないコオロギは狙わないなど野生的な性質を色濃く残しているので、「見られている」と感じると本能的に動きを止めることも多い。
これが利口な個体であれば必要の無い警戒は早々に解くのかもしれないが、メッシュの中に突っ込んだ頭をさらにグイグイ押し込んだり、動くものなら葉っぱやエアコンの風にそよぐタオルにさえ舌を発射してしまうようなカイムにとっては、警戒はおさおさ怠らないようにするべきものらしい。

いいよ、カイム。カイムはカイムらしくいてくれれば。
私はそんなカイムの個性を認め、変えよう(慣れさせる)とするよりサポートしていくから、これからも私の傍らで元気に存在していてね。

↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログへ

2014/08/03

パーソンカメレオンのカイムのケージ内の観葉植物


引越しして家自体の環境が変わったため、観葉植物も以前の環境ではなんとか保てていたのに弱ってきた種類や、以前は細々と生きていたのに元気に生育しはじめた種類など、変化が現れてきました。


パーソンカメレオンのケージのレイアウト


写真は以前のマンションでのものですが、ちょうどカイムの手足の下に写っている白い茎の植物、「アグラオネマ・スノーホワイト」が既に徒長していたところに、引越しの際にたくさんの葉が折れてしまい、もういよいよどうしようもなくなってしまったので、ケージから出して居間で養生させて様子を見ることにしました。
元気が出てくるようなら、挿し木して仕立て直そうと思います。

スノーホワイトがあったところには、「ドラセナワーネッキー ホワイトストライプ」(写真右)の挿し木苗を置きました。
ちなみにまだ写真は撮っていません。

また、以前はやっと生きていたという感じだった「チランジア・ウスネオイデス」(下の画像の左手前)が元気に伸び始めたので、今日、新たに2束注文してみました。届くのがとても楽しみです。
実は私の好きな「カラテア・メダリオン」も同じショップに入荷していて、どちらを購入するか迷ったのですが、同じく好きな「カラテア・マコヤナ」を長く保てた経験が無いので、今回は見送ることに。
同じ「ドラセナ」でも品種によって合う合わないがあるので、おそらくカラテアも品種によってうちの環境に合うものと合わないものがあるのではないかと思うので、いつかメダリオンにチャレンジするかもしれません。

低い位置にあるのでほとんど写真に写りこまないのですが、カイムのケージ内には「斑入りスパティフィラム」という観葉もあって、こちらも以前は枯れてしまいそうな雰囲気でしたが、現在は盛り返してきています。

冬は寒くなりそうな部屋なので、引っ越して最初の一年はカイムだけでなく観葉植物の様子も要観察という感じです。


パーソンカメレオンのケージのレイアウト

↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログへ