2014/02/23

冬仕様になってきたようです


パーソンカメレオンのカイム


毎日しっかり食欲を維持していたカイムも、このところの寒さでどうやら代謝が落ちてきて、体が冬仕様になってきたようです。食欲が落ち、食べない日も少しずつ増えてきました。

外国産の爬虫類とはいえ、カイムの故郷には冬季がありますので、日本の冬にはカイムに冬の体になってもらう。1日の温度管理と季節の温度管理を常に意識し、さらに共に暮らす二足歩行の哺乳類のライフスタイルにも沿った融通の利く調整が大切だと実感しています。
言葉で表現するとたいそうなことのようですが、なんとなく把握できると、あとは習慣のようになるので、別に面倒には感じません。


ちょっと興味深いのは、昨年も今年も雪の当日は体感温度が寒く感じられても、カイムは代謝を落とさないことです。雪の後、しばらく寒い日々が続くとようやく代謝が落ち始めます。

これからも、ずっと毎年カイムと一緒に冬を越して春を迎えられたらいいなぁと思います。

↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログへ

2014/02/16

カイムの体を持って、ブンブン振ってから出社した金曜日


金曜日の朝、いつもより早起きして窓の外を見ると、そこはすでに降り積もる雪で白銀の世界でした。

電車の運行状況をマメにチェックしつつ、支度をしながらふとカイムを見ると、頭を垂直近く持ち上げている…(といっても、これは普通に見られる行動)。
3~4分してからもう一度見てみると、カイムは頭を上げたまま、「ぼくとにかくいやな気分なんです」ゾーンににじり寄って(そのまま移動というのはあまりないです)いました。
カイムが頭を上げる少し前にしていた行動は…、そういえば水を飲んでいました。
ということは、たまたま器官の方に少し水が入ってしまったのか?
「まああの様子なら、しばらく経てば治まるかも」と思いきや、しばらく経ってから私の目に映ったのは、ふだんの様子とは異なる感じで上半身まで持ち上げかけているカイムの姿でした。

もう家を出る時間が迫っていたのですが、このまま放って出かけるのは非常にまずそうな感じだったので、思い切ってカイムを止まり木から引っ剥がして私の腕にとまらせ、頭を下に向けて数回、勢いをつけてブンブン振りました。
ちょうど水洗いした野菜を振って水を切るときみたいな感じに。
そのままサッとカイムをケージに戻すと、きっとカイム的にはなにがなんだか分からない出来事だったに違いありませんが、慌てて奥に逃げ込むこともなく、ゆっくり止まり木に移りました。

様子を見たかったけれど、時間になってしまったので、そのまま家を出るしかありませんでした。その日はもう、雪よりもカイムのことが気がかりで…。

水はちゃんと排出されただろうかとか、もしかすると水ではなく、何か違う異変だったのではなかろうかとか、長時間様子が見れないので、あの後何かトラブルが起きて手遅れになっていたらどうしようとか、ドキドキでした。

雪の影響で激混みの電車に詰め込まれ、やっとの思いで帰宅してカイムのケージに近寄ると、いつもどおりのカイムがいました!

私を見て怒ったり怖がったりすることも無かったところを見ると、やはり器官に水が入って本人もちょっと焦っていたところだったのが、私に振られた後は楽になったのでしょう。ああ、カイムが無事で良かった~。

1日降り続いた雪の日に、まさか雪よりもハラハラする出来事が待ち受けているとは夢にも思いませんでした。

パーソンカメレオンのカイム



↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログへ

2014/02/09

記録的な大雪でも、ぼくは元気!


Calumma parsonii


昨日は45年ぶりに27センチの積雪で東京は多大なダメージを受け、今日もまだ交通機関への影響が続いていますが、そんな大雪をもたらした低気圧の下でも、カイムの行動は通常どおりでした。

うちの場合、なにかしら見えない部分に問題を隠し持っているワイルドで立ち上げされていないカメレオン(大昔はたいてい立ち上げせずに売られていて、それを迎えるしかなかった)は、このような体調にも影響を与えるレベルの低気圧の通過時に一気に弱って数日中に虹の橋を渡っていってしまうことが多かったので、いつもとまったく変わらないカイムを見ながら、とても嬉しく思いました。
健康なカメレオンを迎えることが出来る。いい時代になったな~。今さらながら、大雪の日にしみじみ感じました。

↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログへ

2014/02/03

今季はクーリングしないつもりかも


パーソンカメレオンのカイム


…な、カイム(笑)
今夜は仕事に関係のある本を探して、20時近くに帰宅した私。
タイマーでエアコンがオフになって室温が徐々に下がりつつあり20度でしたが、ケージを覗いたら、カイムはコオロギを食べる気満々でサッと顔と上半身を私の方に向けました。
室温はどんどん下がっていって夜半には15度になるはずなので、食べるのは我慢してもらいました。

野生のカメレオンも夕闇が忍び寄る頃に白い羽をパタパタさせて飛ぶ蛾(出現頻度は低そうですが…)を捕食したり、動くものにパクッといったりするのでしょうね。

ベビーの頃は決して強いとは言えないと思いますが、パーソンカメレオンの場合、アダルトまで成長すると消化器官がけっこうタフな感じがします。さすが小鳥を食べても平気な種類だけのことはあるという感じです。

↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログへ

2014/02/02

観葉植物のストックを購入するかどうか悩み中


パーソンカメレオンのカイム


私は元々はカメレオンのためにケージに入れた観葉植物植物を短期間で枯らすのがとても得意でした
しかし私にとって初めてのパーソンカメレオンであるカイムを迎えるとき、他のカメレオンよりもストレスを感じやすく、また隠れる場所が必要な種類であるということで、なるべくたくさんの観葉植物を用意しました。
カイムが繁殖個体で本物の広大な森林を知らなくても、やはりなるべくケージの中には生きている植物を入れてあげたいという思いもありました。
始めのうちは昔同様、カイムのための観葉植物もよく枯らしてしまい、最初に使用していた小動物ケージの頃から残っている観葉はわずか1鉢だけです。
買っても買っても枯れてしまう観葉…、植物には申し訳ないし、でも毎日過ごす場所だからこそ、止まり木以外は無機質な感じのケージ内であるより、少しでもカイムにとってマシな環境にしてあげたい…。

ジレンマに葛藤しながら観葉植物の管理にも気を配ること約3年、気がつくといつの間にか観葉植物の生存率がかなり上がっていました。ちょっとだけ自分を褒めてあげたいかも(笑)

それでもまったく枯らさなくなったわけではないですし、特に真冬はケージ内の夜間温度が下がるので弱る植物も出てきます。そんな時のために、ストックを購入するかどうか悩み中です。というのも、既に2鉢ストックして部屋に置いてあるから(^^;
今、購入するかどうかで悩んでいる植物は、丈夫で癒し系の葉っぱなのに、流通量が比較的少ない種類なのです。部屋を観葉植物だらけにしてでも、せっかくの機会なので入手するべきかどうか。
カイムの寝場所にも置いている植物だから確保しておきたい気もするし、う~む、迷うわ~。


私はカイムを迎えてからというもの、たくさんの点において自分のことよりカイムを優先して大切にしてきたつもりなのですが、それでもカイムは私がカメラを向けると、すぐに黒い色を出します
カイムはきっと、そういう警戒心の強い気にし屋さんな性質の個体なのだと思うのですが、他人様から見ると、私が平気でカイムにとても嫌な思いを強いている心無い飼育者だと映る場合もあろうかと思います。
カイムの体色は、ふだんは青緑色のうすらぼけたような色なのですが、本体が一眼レフと同じくらいのサイズの黒いカメラは、何年経っても慣れることなく不愉快なようです。
かといって、写真の無いブログというのもねぇ…。というわけで、カイムには週に数回、短時間だけ(決して毎日長時間に渡って撮影しているわけでは無いですよ)我慢してもらっています。

この写真撮影を除けば、いつも私がどれだけカイムが快適に過ごせるよう心を砕いているか、ブログの過去の部分を読んでもらえばきっと理解していただけるはず…、いえいえ、私は他人のためにカイムを大事にしているわけではなく、カイムのためにひたすらがんばってきて、備忘録のためにブログを書いているのだから、それだけでいいかな。

やっぱりカイムの快適環境維持のために、観葉植物は購入しておこう。

↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログへ