2012/03/25

バルーンブルーダイヤモンドラミレジイのだんさんの近況


1


バルーンブルーダイヤモンドラミレジイのだんさんは、犬猿の仲だった妻のデビルちゃんがいなくなっても気にする風も無く、


2


3


相変わらず隣の芝生は青く見えるのか、アピストグラマの稚魚たちの水槽が気になってたまらないようだったので、隣に移してみました。

5


やっぱり稚魚たちの水槽に行きたかったのか、その後は元自分がいた隣の水槽を気にすることもなく、攻撃的な気性も影を潜め、


6


アピストグラマの稚魚や他の魚たちと平和に共存しています。

↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログへ

2012/03/23

パンサーカメレオンの嫁の個性とその住居


ルンコ



パックンの嫁・ルンコです。
当時のパンサーはたいてい産地不明でしたから、嫁2頭の産地も分からないままでした。
ルンコは一番単純な子でしたが、滅多に威嚇することはありませんでした。
よく人間を信じてくれて、性格的には申し分なかったのですが…、お父さんの嫁の美代子と比べると、どうもその…、なんだか…、「ブス?」でございました。

いえね、美代子の端正な顔立ちと比べると、頭頂部から口の上への斜めのラインの具合だとか、口先の感じとか、顔全体と目のバランスだとかが、なんとな~く悪いような…。

雌は2頭だったので、ついいつも比べてしまったのですが、歴然と違いました。そしてなぜだか、お父さんもパックンも美代子ばかり気にしていましたね~。

同じ種類、同じ産地であっても見た目の個体差(雰囲気や目つき、行動の傾向なども含む)があるので、たとえ100頭の同じ産地の個体の中に紛れ込んでしまったとしても、飼い主なら自分の飼育個体を見分けることができると私は思うのですが、見た目が整っている美代子のほうが圧倒的にもてたということは、選ぶ余地のある状況下においては、外見上のバランスの良さも、良質な子孫を残していく本能の中に含まれているのでしょうかねえ?


美代子



こちらが端正な顔立ちの美代子です。
この2枚の写真だけでは違いがよく分からないとは思いますが、どの角度から見ても美代子の顔は整っていました。

美代子は気分屋というのか、わりとガブリと噛み付く子でした。
妙に勘が鋭くて、母と私が夜、寝ている美代子を見ながら悪口を言うと、寝ているはずなのになぜかその雰囲気を察知するらしく、そんな翌朝はコオロギをあげようとすると、まず必ず手に噛み付いてから、まるで何事も無かったかのように落ち着いてコオロギを食べました。

文章で書いてしまうとインパクトが弱いかもしれませんが、「悪口が分かる」、「悪口を言うと必ず仕返しをする」、「一晩経っても忘れずに噛む」…、これはなかなかすごいことだと思います(笑)
我が家の歴代カメレオンの中で、こんな高度な技ができたのは、この美代子だけでした。


温室



嫁2頭がバスキングしていたのは、この温室です。快適さを工夫した結果、左右の小さいガラス戸は通気のためにリングすのこに変わり、左側のすのこは出入り用の穴を開けてあります。
バスキング用のスポットライトとお立ち台の位置も、嫁がいつの間にかバスキングライトに長時間へばりついて低温火傷しないように微調整を重ねてこの高さと距離になりました。ヒヨコ電球も火傷防止のために、タコツボに入っています。

↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログへ

2012/03/22

うっかりしてしまうことが…


マイペースなのはブログの更新だけではなく、毎日他のブロガー様の記事を読めるわけではないもので、
ふと気がついてギョッとすることがたまにあります。

それは、他のブロガー様が書かれているのと同じテーマとか出来事を、まったく気づかずに数日後くらいにたまたま私もブログに書いてしまうことです。
しかもそれが正反対の考え方(意見?)だったりすると、思わず青ざめるのですが、すぐに気づかないことのほうが多くて、私のブログのカウンターの数字も既に増えた後だったりするので、書き直すには手遅れだったりするのです。

先に書かれていたブロガーさんがご覧になったら、とても嫌な気分になることとは思いますが、ごめんなさい!決してわざとしているわけではないんです<(_ _)>
「ああ、この人またやってるよ、うかつだね~」なんて、寛容に受け流していただけると、大変ありがたいです。


I'm sorry

2012/03/21

ささやかな日々


昨日の春分の日。特にいつもの週末と変わりはありませんでしたが、カイムと私と犬の3人でバナナを食べました。何もないけど、平和な1日でした。


パーソンカメレオンのカイム



ささやかで、ごく普通の日々の生活。その日常の風景の中に、カメレオンがいるのが私の普通になって久しいです。

↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログへ

2012/03/18

以前のパンサーカメレオン用ケージ


パックンとルンコ



カメレオン飼育3回目だったパンサーカメレオンのお父さん・パックンとその嫁2頭と暮らしていたころは、パソコンが個人の家庭に広まり始めた頃で、私はまだ導入していませんでした。
そのため、その当時フェレットケージ・ウサギケージなどのやや大型のペットケージがあったのかどうか分かりませんが(たぶん無かったから見かけなかったのだと思いますが)、あちこちのペットショップを見て回り、「カメレオンのケージに大型の鳥用のケージを使うのはどうだろう?」と思って、メーカーからカタログを取り寄せて検討して購入したのが、写真のオウム用ケージでした。

おとうさんとパックン用にこのケージを2つ並べて、ちょうど同じ高さだった衣装タンスの上に置いて、お互いの姿は見えないように間を覆い、背の低い私と母がケージの前に立った時、半分から上は見上げるようにしていました。
なぜ高い位置にケージを置いたのかというと、野生のカメレオンは、基本的には見下ろされるのを嫌がるからです。CBはあまりうるさいことは言わないみたいですけれどね(笑)

写真はパックンと嫁のルビー(通称ルンコ)です。

ケージの戸は夜以外は開けっ放しにしていました。だいたいみんな、ケージをつたって上に上り、そこから私と母が作った通り道を通って我が物顔であちこち行っていて、自分からここに戻ることはまずなかったです。
嫁は、嫁を購入する際に購入して窓際に設置した温室を住まいにしていましたが、すぐにそこも出入り自由になりました。温室の方はスポットライトやガラス越しの陽にあたるために、まあまあ利用されていました。

↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログへ

2012/03/11

チェッカーボード・シクリッド


チェッカーボード・シクリッド



ヒレが少し赤い色の個体と、追加購入したヒレに赤い色がまったく入らない個体の2匹がいます。
ヒレに赤い色が入らない方の個体は雄だと思っていたのですが、いつまでたっても尾びれが伸びません。
雄は成長するとチェッカーボード模様は消えてしまうらしいのですが、尾びれが伸びて美しい青い煌めきが出るようになるようで、ぜひ見てみたかったのですが、どうも雌2匹のようです。


チェッカーボード・シクリッド


↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログへ

2012/03/08

お背中こんもり(^^)


parsonii



最新のカイムの姿です。ダイエットしていたはずが…、体を膨らませている状態ではあるのですが、また小太りに戻ってしまいました。体重管理って、難しいですね~。
先日、実家へ行ったときに、「私(母)はどうしてもかわいそうになって食べさせてしまうけれど、あんたはシビアにやるよね。」と言われて、その、私が冷たいと言わんばかりの断言のしかたに、ちょっとショックでありました。

本当は、「かわいそうだからついあげてしまう…」というのは本人の自己満足に過ぎないと思うんですよ~。相手のためを思うならば、心を鬼にしなければならないこともあるのです。
それを言うと、ちょっと極端な性格(白か黒かでグレーゾーンが無いと、本人が申しておりました)の母は舌戦の宣戦布告だと受け取るに違いないので、口には出しませんでしたけれど。口が災いを招いて、さらにボロクソに言われて満身創痍になるより、平和が一番ざんす。

↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログへ