2020/07/04

ずっとパイレーツオブカリビアン

にほんブログ村 その他ペットブログへ



ジャック・スパロウ生命の泉

 最初にカメラを手持ちで撮った写真。

『映画「ランゴ」の思い出』の記事にも書きましたが、私はジョニー・デップのファンではありません。
ロードショー公開時、「パイレーツオブカリビアン/呪われた海賊たち」にもまったく興味が湧かず、後にテレビで放映されていたのをたまたま途中から見たのが最初でした。それから「デッドマンズチェスト」をビデオで観たのですが、当時、一人暮らしを始めてまだ日が浅く、生きていくためには働かなければならない、けれど働いていると、持病があって元々身体が弱いせいか、心身共に状態が悪くなっていって、体の方は処方薬の量がだんだん増えてきて、こんな思いをしながら生きていることに意味はあるのだろうかと思いながら暗い毎日を過ごしていたときで、海賊ジャック・スパロウの姿は私にとってまるで自由の代名詞のように思えました。彼は正義の味方ではないけれど、極悪非道でもなく、真面目過ぎずいい加減過ぎず、でもとても個性的で、映画自体もストーリーはまあまあながらユーモアもあり、観終わったとき、とても明るい気持ちになることができました。
そして「最後の海賊」をロードショーで観に行く前に、前作「生命の泉」から6年経っていたので、それまでのストーリーをググっていたとき、画像一覧にジャック・スパロウのいろいろなフィギュアがあることに気づきました。中でも特に目を引いたのはホットトイズのムービーマスターピースというシリーズのものでした。すごく欲しいと思いましたが、サクッと定価でポチるには高価すぎました(苦笑)  しかしランゴの記事を書いているとき、次回以降のパイレーツオブカリビアンにはジャック・スパロウが登場しないことを知り、中古品を購入する決意が固まったのでした。


ジャック・スパロウ生命の泉

左は「パイレーツオブカリビアン」のイメージにピッタリのBOX。開くと右のようになっていて、中には4段に渡って、本体、差し替えパーツ、小物などが納められています。右の画像の髑髏とスズメは劣化しないよう手を付けていないので、何なのか分かりません(笑)


ジャック・スパロウ生命の泉

ジャック・スパロウ生命の泉

バンダナがちょっと浮いてしまっていますが、フィギュア自体はとても良くできています。
表情は他にニヤリと笑っているものがあり、首から上を外して、バンダナ+髪も外して差し替えます。バンダナ+髪を外した状態では、目線も変えられます。フェイスと髪(以下、バンダナ+省略)は磁石でくっついているのですが、外したら髪の側の磁石がとれてしまい、フェイス側に重なって残ってしまいました。
背景紙を買いに行ったときボンドを買って接着したら、次に髪を外したときに髪の部分と磁石とを接着しているプラスチックが磁石側に残って、それがやっぱりフェイス側の磁石の上に残りました
磁石がきかないと、ポーズを付けている間に髪が浮いてきやすいんですよね。それで髪をフェイスにグッと押さえつけているうちにポーズが崩れるという…


ジャック・スパロウ生命の泉

 最強の海賊・黒ひげによってボトルに閉じ込められたブラックパール号を見ているところ。



ジャック・スパロウ生命の泉

ジャック・スパロウといえば、印象的な独特の動きですね。フィギュアの可動範囲が想像していたよりも狭かったので、上半身だけひねったり、肩や肘をもっと派手に見えるように角度をつけることができないのが、ちょっとだけ残念です。


ジャック・スパロウ生命の泉

ハンドパーツは左右セットで3組と1つもあるのですが(付属の双眼鏡や酒瓶も持てる仕様)、手と腕を繋げるジョイントのはめ込む部分が見るからにひ弱そうで、何度も付け替えていると、そのうち折れてしまいそうなので、右手1回、左手2回交換しただけに留めています。


ジャック・スパロウ生命の泉

なるべくスタンドを使いたくなかったので、バランスをとって自立できる範疇だとこれくらいが限界でした。


ジャック・スパロウ生命の泉

脱がせていたコートを着せるのが、可動範囲が決まっているため意外と難しくて、ドールを所有されている方々のお着換えの大変さが少しだけ分かりました。この腰の毛皮は私がユザワヤで購入してみたフェイクファーです。


ジャック・スパロウ生命の泉

撮影している最中、床面に黒い点が所々落ちていることがあり気になっていたのですが、サーベルを吊るしている一番上のベルトの模様が、サーベルを出し入れしたり、位置を整えるときに軽く擦れて、経年劣化で剥がれ落ちていたことが判明しました


ジャック・スパロウ生命の泉

久しぶりに三脚を持ち出して撮影したうちで、一番気に入っている画像です



↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログへ