2021/08/24

コオロギのごはんのレシピ(一部改稿)



コオロギのごはんの材料


先週後半はお腹がすくと胃が痛み、食事をとると胃が気持ち悪くなり、胃の後ろの辺りの背中側もずっと痛くて参りました 
逆流性食道炎かなと思い、なるべく軽くちょこちょこ食べるようにしていたら、症状がほとんど治まってきました。夏は毎年バテて食欲が落ちるのですが、今年は例年より胃が弱っている気がします。


そんな時でも欠かさないのが、毎晩のコオロギの食事作りとコオロギケースの掃除。
コオロギのごはんはネットでコオロギを販売しているショップなどで、フードも販売されています。大昔はある程度の量のコオロギを購入すると、そのフードがおまけで付いてきたのですが、その頃は爬虫類の飼育法があまり分かっていない時代でしたせいか、フードはとても臭く、フードを食べたコオロギもとても臭い匂いがするようになりました。いわゆる「コオロギ臭」というものです。
なんだか何かが常温で変質したような、カメレオンが間接的に食べたら体に悪そうな臭いに思えたので、初めてネットでコオロギを注文してコオロギフードを一度だけ使った後、私は自分で工夫してコオロギのごはんを作ることにしました。するとコオロギ臭はすぐに消え、ごはんは少しずつ変遷を重ねながら、今はこれからご紹介するレシピになりました(また変わる可能性もあります)。

材料は最低2種類以上の野菜。今回はピーマン、キュウリ、小松菜、キャベツです。鳥さんが食べると危険な野菜は念のために避けています。お勧めはキュウリです。キュウリは人間にとっては栄養価が低いのですが、ビタミンC、ビタミンB群(B12を除く)、ビタミンK、ベータカロチン、さまざまなミネラルと植物性たんぱく質を含んでおり、身体の小さなコオロギにとっては十分なようで、与えていると、なんとコオロギの寿命が延びます(当社比)。
カイムからのお勧めはピーマンです。ピーマンを食べたコオロギには目が据わるとのことです。
野菜の量はコオロギの数によって増減します。 右にあるのはレパシースーパーフードです。コオロギの野菜に耳かき1杯くらい~ティースプーンすりきり1/4くらい(コオロギの数によって増減)混ぜています。レパシーの説明には、クレステッドゲッコーに与えるように、カメレオンに副食として与えられると書いてありますが、たんぱく質の含有量が多いので、直接与え続けていると通風が心配なので、直接あげるうちに量が増えていったりしないように、このような形にしています。これはその時々の考えによって、違うものになったりします。


コオロギのごはん


作り方は、野菜をみじん切りにして、レパシースーパーフードと、野菜より少ない量の何も混ざっていないフスマで合えます。多くのコオロギにとってお皿に乗っているような大きめの状態より、粗みじんくらいの方がありつきやすいようです。

コオロギにごはんをあげるのは、カメレオンに食べさせる前が良いという考え方もありますが、一人暮らしで働いている方、前の晩でもガットローディングになるので大丈夫ですよ!
私は舌の無いハーマイオニーがコオロギに口の縁に噛みつかれてからというもの、コオロギの頭と消化の悪い胸を落として、お腹の部分をあげているのですが、朝、切ったお腹にしっかりコオロギのごはんが入っているのを何度も見ています。

余談ですが、野菜はお皿に乗せずに直接まな板で切りますが、合える器は画像の物を使用しています。カメレオンは好きでもコオロギは好きにはなれないので(好きになったら、それはそれで困りますが)、かわいい器でモチベーションを上げて野菜を刻んでいます(笑)
これからも、よりおいしくより健康的なごはんになるよう工夫していきたいと思います。


↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログへ

2021/03/06

三寒四温で怠い時期



11歳のパーソンカメレオンのカイム2021_2_28


ここしばらく寒暖差が激しく花粉症も本格的になり、毎日ひどく怠くてぼんやりとなってしまいます。痛いのも辛いですが、これはこれで辛いものがあります。

というわけで、パーソンカメレオンのカイムの画像もまだ脱皮の皮が残っている時のものです。脱皮は一気にパリッと剥がれるときと、徐々に皮が浮いてきて何日かかかるときと、部分脱皮のみの場合があります。おそらく人間も気候や気圧その他の影響でいつも同じ体調ではないのと同じようなもので、カイムと11年間暮らしてきた体験からいえば、どのタイプの脱皮でも別に問題ありませんでした。
カメレオン飼育界には「脱皮は健康のバロメーター」という言葉がありましたが、あれはカメレオンの飼育方法が謎だった頃の名残の都市伝説ですしね。

カイムは気温の上がった日はバッチリ食べるようになりましたが、ハーマイオニーはまだ冬モードから変換しきれていません。これは例年の逆の現象ですが、カイムが早めに春モードに入りつつあるというより、ハーマイオニーが今年は今までで一番深い冬モードだったためだと思われます。ハーマイオニーの体調が悪いようには見受けられないので、初めての深い冬モードといい(若いうちは冬でもよく食べます)、おそらく今年中に9歳になるハーマイオニーももう若くはなくなったということかもしれません。


↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログへ

2020/11/21

パーソンカメレオンのカイムが11歳になりました

11歳のパーソンカメレオンのカイム2020_11_21

昨年、日本で初めて10歳を迎えたパーソンカメレオンであるカイム。
今日無事に11歳の誕生日を迎えることができました
とても嬉しいです!!
もちろんカイムは日本で初めての11歳のパーソンカメレオンです
ちなみに10歳の時の記事はこちら
9年目を迎えた時の記事はこちら

この輝かしい日にあたり、↑以外にカイムが長生きしてくれている理由と言いましょうか、パーソンカメレオンの長期飼育のコツはなんだろうかと私なりに考えてみたのですが、昨日の記事にも少し書きましたが、やはり何か一つのことではなく様々な面で気を遣っていることではないかと思います。

食事・温度湿度・日光浴だけでなく、多くのカメレオン種の飼育の大前提として、樹上種のケージは高い位置に配置し、人の目線の高さよりカメレオンの方が上にいられるようにする(カメレオンは見下ろされているとストレスを感じるため)、ケージ内の空気を滞らせないようにする(ごく僅かな、微細といってもいいくらいの空気の流れ、これは経験で感じを掴んでいくしかないと思います)、信用されるまでケージ内に隠れているつもりになれて、カメレオンの方からはこちらを見ることができる(なかなか難しいように思えますが、要はカメレオンがそう感じられて安心できれば、実際はこちらからそこそこ見えてもOK)場所を作るという基本をおろそかにはできません。さらに具体的な内容については、興味のある方は過去記事の中にいろいろ書いてありますので、ご覧いただけると嬉しいです。

また、カイムとハーマイオニーについては、日々観察して状態をチェックすることは欠かせませんが、ジロジロ見ているように感じさせることや、長々目を合わせることは多大なストレスになります。ですから、そんな風に感じさせないようにして、見ています。こうしたことも決して軽視しません。

私は彼らを人間の都合に合わせようとはせず、できる限り彼らの都合に合わせます。←すべてにおいてこの姿勢で臨んでいることも、実は長生きには欠かせないことなのかもしれません。

↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログへ

2020/02/19

10歳のパーソンカメレオンのカイムと暖冬


10歳のパーソンカメレオンのカイム2020_2_16


成長期~大人になってから数年くらいまでのパーソンカメレオンのカイムは、寒さの厳しい冬だろうが雪が降ろうが食欲旺盛でした。それがいつの間にか室温は問題なく保っていても、冬になるとあまり動かないようになり、最低気温がおおよそ0度以下で最高気温も低い日が続くとほとんど動かず、水は飲みますがごはんは7~14日に一度くらいしか食べないようになりました。

以前共に暮らした他種のカメレオンたちは、具合が悪い場合を除けば冬でも食欲が落ちることはあまり無く、ここまで不活発にはならなかったので、最初はどこかカイムの具合が悪いのではないかと、とても心配しました。しかしカイムの様子を必死になって観察してみても、どう見ても具合が悪いようには見えません。
毎日カイムの様子をよく観察し、考えに考えた結果、これは外気の影響を受けているのだろうという結論に達しました。

以来、この「冬モード」(私の造語)が冬の定番スタイルになりました。
当時はまだ、冬のマダガスカルの野生のカメレオンはどんなふうに過ごしているか知られておらず、ショップさん等も知らないという状況でした。


後に気付いたのですが、飼育下で暮らすカイムはおそらく性成熟が未だのヤングアダルト期までは通年食欲旺盛で、性成熟完了後に冬モードが起こるようになったと思われます。

同じカメレオンでも、種類によってはいつでも繁殖OKな感じで、初めてのカメレオン飼育でもペアの相性さえ良ければ簡単に有精卵ができますが、パーソンカメレオンの場合、冬が繁殖のスイッチに関与しているので、このような過程を辿ったのでしょう。

しつこいようですが、最初は本当にカイムの変化が心配でたまりませんでした(苦笑)


さて、この冬は暖冬傾向で、気温が0度以下になる日もありましたが 寒さが長くは続かなかったせいか、ここ数年の冬の様子とは異なり、カイムは今日までごはんは2~5日おき、先週のみぞれ雨後の暖かい日から、テリトリー(ケージ内)巡回も少しずつ始めるようになりました。
よそのお宅のパーソンカメレオンさんについては、ここまでキッパリしているかどうか分かりませんが、うちの場合、見事に冬の外気に比例していると改めて実感しました。


↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログへ

2020/02/02

カメレオンの体色の変化について

私のブログを訪れてくださる方々の中には、カメレオンはTVのCMなどで見かけたことがある程度という方もいらっしゃると思います。
そこで今回はカメレオンの体色の変化について、ちょっと書いてみようと思います。

一般的には、「カメレオンの体色は周囲に紛れ込むために変化する。」というイメージがまだまだ強いかと思います。しかし現実には、カメレオンの体色の変化は主としてコミュニケーションのための生理反応であるということが、現在、学説として定着しています。実際にカメレオンと暮らしている人なら、「それ以外あり得んわ」という感じだと思いますが

そもそもカメレオンはどのようにして体色を変化させているのでしょうか。
ナショナルジオグラフィックによると、2015年、スイス・ジュネーブ大学の研究チームが研究結果を発表したことにより、その詳細が分かったそうです。

以下、ナショナルジオグラフィックより
『 緑色のカメレオンの多くは、皮膚細胞に緑色の色素をもっていない。カメレオンの皮膚にはとても小さな結晶を含んだ細胞の層があり、この細胞の伸縮によって体の色を変化させていることがわかった。

 研究チームが調べたのは、パンサーカメレオン(学名:Furcifer pardalis)の皮膚構造。このカメレオンの皮膚には、微小結晶入りの細胞でできた2つの層があるという。

 2つの層を作っている細胞は虹色素胞といい、このうち体表に近い1層目が完全に発達しているのはオスの成体だけだ。色とりどりの体をメスに見せてアピールするためである。カメレオンがリラックスしている時、結晶は密に並んでおり、青色の光を反射する。それが皮膚にある黄色の色素と結びついて、体が緑色に見えるわけだ。逆に、細胞が引き伸ばされると結晶同士の間隔が広がるため、現れる色は黄色から赤の範囲になる。

 下層にあたる2層目は、どのカメレオンにもある。同じく虹色素胞でできているが、反射する光のスペクトルは1層目よりも広く、特に近赤外線を反射する。目には見えないが、熱として感じる波長に近い光だ。 』


体表(表皮)の下に体色を作り出す2つの層があるのですね。1層目の虹色素胞は、カメレオンの種類によっては雌のカメレオンも完全に発達している(メスもカラフルで美しい)と言えると思います。

また、パンサーカメレオンはマダガスカル固有種ですが、地域によって色彩がかなり異なります。地域と地域の境辺りでは交雑するようで、さらにいろいろな変化が見られます。地域によっては体色に赤い色が出ない個体もいます。

パーソンカメレオンには幾つかの種類がありますが、どれも赤い色素は持っていても(体色に緑色は出る)、赤い色は出ません。



ここからは体色の変化の例になりますが、パーソンカメレオンについては、我が家ではいつも掲載している色模様がほとんどすべてですので、パンサーカメレオンで説明してみたいと思います。

過去記事で恐縮ですが、興味がありましたら、こちらをご覧ください。


1枚目の画像 : 普段の色。

2枚目の画像 : おそらくリラックスしているか、まあまあ気分がのとき。

3枚目の画像 : 蘭丸が寝るとき(その時々で色模様や濃さが違います)に多かった体色。

4枚目の画像 : よほど心地良かったのか、寝るときにここまで鮮やかになったのはこの時だけ。

       気分がとか、興奮しているようなときほど鮮やかな濃い色になります。

5~7枚目の画像 : 求愛時の色。

ちなみに体調が悪い、すごく怖い、雄同士の戦いに負けた等の場合は、だいたいどの種類でも黒ずんだ色になることが多いです。

カーペットカメレオンのミニー

雌の方が美しいカーペットカメレオン(マジョールカーペットカメレオンではありません)のミニー


↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログへ